ピアノ講師になるなら評判のいい音楽教室ランキング

第1位 小林音楽教室

  • 「音楽の力で新しい世界を切り拓く」というチャレンジ

  • ピアノテクニック指導の基本方針と発展させる基礎テクニック

  • ピアノ等を学ぶ上での初歩の学習として位置付けられたレッスン

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

小林音楽教室に対するみんなの口コミ

こちらの音楽教室は、0歳児の幼児からシニアまで大歓迎です。先生たちの教え方がとても上手で子供たちも先生を気に入っておりま...
教室に通いたいなと思い、こちらに通い始めました。今までは自分で練習をしていましたが、通ってからはピアノについてとても詳し...
娘がピアノを習いたいと言い始め、小林音楽教室に通わせています。娘はピアノを触るのが初めてだったのですが、優しい先生方が目...

27年の伝統と歴史が語る信頼・実績

小林音楽教室の音楽活動では、新しい取り組みをする事もあります。そして、音楽の専門知識の枠を超えた幅広いテーマ、さらに本質的な課題に取り組む事も含まれます。

第2位 一音会ミュージックスクール

  • こちらでは年齢制限なくピアノ講師を募集しています

  • 講師の経験がなくても応募することができます

  • 生徒に合わせたレッスンをしている教室です

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

一音会ミュージックスクールに対するみんなの口コミ

私は小さい頃から音大合格まで、こちらでお世話になりました。リトミックの頃から、記憶は曖昧ですが楽しかったということだけは...
わが子はまだ3歳にも満たないですが、本人が楽しそうなので続けさせています。こんなに小さな頃からできるレッスンがあることに...
一音会ミュージックスクールは娘が通っているのですが、こちらの教室は2件目です。やはり相性というものがあるのか、前先生の前...

赤ちゃんでも習うことができる音楽教室です

一音会ミュージックスクールは、レッスンできる最少の年齢から、音大受験の高校生や大人まで教えている、リトミック、絶対音感、ピアノなどの音楽教室です。

第3位 セイワ楽器

  • ピアノ講師としてキャリアアップするチャンスです

  • こちらには稼働を保証してくれる制度があります

  • 生徒の成長がどこよりも実感できる教室です

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

セイワ楽器に対するみんなの口コミ

こちらではグランドピアノでレッスンができるのでテンションが上がりました。また、駐車スペースがあるので安心して車を停めてお...
息子のお友達がこちらに通っているので、いっしょに習わせることにしました。人見知りだったうちの子でしたが音楽を通じてみんな...
セイワ楽器さんでピアノを習わせています。一番近所にあったからです。ヤマハではなくオリジナルの方を選びました。娘は小学生な...

ヤマハ音楽教室と独自の教室を運営

セイワ楽器ではヤマハ音楽教室の運営をはじめ、子供向けのオリジナルレッスンもおこなっています。オリジナルレッスンではお子様の希望曲や、目的に合わせた指導をおこなうことができます。

第4位 オンピーノ子供ピアノ教室

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

子供が楽しいと感じる個人レッスンです

オンピーノ子供ピアノ教室では、オーダーメイドのレッスンで子供それぞれに合わせ、個性や性格に寄り添ったレッスンをおこなっています。子供にとって無理がないから楽しいピアノを経験できます。

第5位 ヤマハ音楽振興会

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

感情を音楽で表現して明るく健全な社会を

ヤマハ音楽振興会では、人の心に響く音楽の素晴らしさを多くの人に伝えています。一人ひとりが豊かな感性を磨けるようにお手伝いしています。

ピアノの講師になるためには

薔薇ピアノの先生になりたいと思ったときに、個人で教室を自宅などで開く場合には資格などは必要ありません。ピアノを弾くことと教えることができれば、ピアノ教師と名乗ることができます。しかし、音楽大学卒業の学歴や教員資格などの肩書きがなければ、生徒が集まりにくいと考えられます。ピアノを弾きたいと思う生徒の側からすれば、少しでも技術的に上手な先生に習いたいものです。
ピアノ講師を募集している音楽教室などで働きたい場合は、学歴や資格が必須となるところがほとんどです。音楽教室にとっても、生徒になる人や、生徒の親から信頼されるという点で肩書きは必要です。
ピアノを習いたい生徒は、子どももいれば大人もいます。人そのものが好きということが大切であり、コミュニケーション能力の高い人が有利です。そして、生徒の心理や気持ちを考えながら上達させていくということが重要なので、先生としての能力も必要とされます。
ピアノの先生や教室を選ぶのは生徒です。選ばれるためには、学歴や資格を取得すること、ピアノを上手に弾けること、コミュニケーション能力や教える能力を向上させることが重要です。ピアノの先生になるためだけだったらそう難しいことではありませんが、いつでも生徒がいるピアノの先生や音楽教室のピアノ講師になるには努力が必要です。

ピアノ講師の給料はどれくらい?

グランドピアノピアノ講師の給料、および収入は、音楽教室によってさまざまです。ピアノ講師の募集要項に記載されていなことも多いです。これは能力や持っている資格などによって変わるところがあったり、システムや配属されるクラスや教室によって変わったりして、明確に記載できないという理由があります。
音楽教室の体制により、給料の発生の仕方はさまざまです。ワンレッスンで手取り2000円くらいまでのところが多いようです。しかし、個人レッスンなら音楽教室で生徒をどれくらいつけてくれるかによって大きく変わってきます。クラス制のところなら、少しは安定があるかもしれません。また、住んでいる場所によって派遣されるような訪問型のピアノ講師は不安定で変動があります。
中には、研修制度があったり、資格取得が必須だったりする音楽教室もあります。こちらは給料や報酬として発生したり、しなかったりするので、確認することが必要です。給料や報酬が発生しない場合、1カ月の時給で考えたときに損をした気分になるかもしれません。
しかし、基本的にピアノ講師の仕事は時給で考えたときに、レジ打ちなどのパートよりも割がいい仕事です。もし収入の安定を考えるなら、空いた時間や、生徒が少ないときにできる収入を得る方法を見つけておくことが重要です。

ピアノ講師って何をするの?

白いバラピアノ講師の主な仕事は、音楽教室でピアノを生徒に教えることです。生徒といっても年齢の幅が広く、それぞれに合わせたレッスンをして行くことになります。教室によってはある程度教える内容は決められていますが、自分で判断してくところも出てきます。生徒が曲を上手に弾けるようになることが目標ですが、基礎的な指を動かす練習や、音階の基礎、楽譜の読み方なども教えていくことになります。生徒の年齢や、音楽教室の内容によっては発声など歌う練習をするところもあります。いずれも、ピアノで音を出してレッスンをすすめていくことが中心になります。
音楽教室によっては、生徒のお宅に直接訪問する教室もあります。音楽教室以上に、小さい子どもの親とのコミュニケーションが大事になっています。
また、音楽教室でピアノの講師になってからも試験などを受けてレベルアップしなければならないシステムの教室もあります。講師の質が保たれている音楽教室は、生徒の側から見れば信頼できます。中には、レベルアップにより給料が上がる教室もあります。
個人の教室を開くより、音楽教室でピアノ講師の募集に応募して働く方がやりがいを感じることができます。ある程度、集客などを音楽教室がサポートしてくれる教室も多いので、さまざまな生徒に出会うこともできます。

資格の種類

子供

音楽教室のピアノ講師に必要な主な資格は、音楽大学などの卒業資格です。音楽の教員資格もあるに越したことはないでしょう。それだけではなく、ピアノ講師として、ピアノ奏者として技術がある、また向上心があることを示すために、さまざまな資格が有利に働きます。
まず有名なのが大手音楽教室、楽器メーカーの「グレード」と呼ばれている資格です。演奏力と指導力を問われるものが多く、上級を獲得すればピアノ講師として一目置かれます。また、就職するときや、音楽教室のピアノ講師の募集に応募するときにも有利になります。
他にも各音楽教室で必須とされる資格があります。働きたいときに合わせて取得するような資格も今後出てくるかもしれません。
音楽教室の関係なく、技術の向上を目的としたものや、知識の獲得を目的とした検定もあるので、挑戦することによって音楽に携わる者としてレベルアップすることができます。
ピアノ講師を探している生徒がプロフィールを見たときに、たくさんの資格が並んでいる先生の方にやはり目が行きます。ピアノ講師関連の資格はペーパー試験のものもありますが実技も含まれる試験が多いので、演奏の技術や指導の能力を裏付けることになります。

▲ ページトップへ