ピアノ講師になるメリット
2017.05.23

ピアノの発表会誕生してから300年以上経ったいまもなお、世界中の人に愛されている楽器、ピアノ。ピアノを習得している方の中には、ピアノに関係するお仕事に就きたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ピアノに関係するお仕事といえば、ピアニストやピアノ講師などが挙げられます。ピアニストになるのはとても難しいといわれていますが、ピアノ講師は学歴や職歴、資格などは必要ありません。ピアノをある程度弾ける技術とピアノに対する情熱と強い意志をお持ちであれば、大半の方がなろうと思えばなれる職業です。

そこで今回は、ピアノ講師になりたいとお考えの方に向けて、ピアノ講師になるメリットを5つご紹介していきたいと思います。

1つ目は、生徒の成長に直接的に関われることです。ピアノ講師は生徒1人1人に合った方法でピアノを教えなければならない職業です。ときに、思うようにうまくいかず、大変だと感じることもあるかと思います。しかし、その反面、生徒が目標に達したときの喜びは計り知れません。一般的なお仕事に勤めた場合、この喜びを味わうことはほぼないでしょう。生徒の成長に直接的に関われるということは、ピアノ講師をする上で大きなメリットといえます。

2つ目は、ピアノで生計を立てられることです。ピアノを習得した方なら一度は「ピアノで生計を立てることができれば…」と憧れを抱いたことがあるのではないでしょうか?ピアノ講師は、そんな憧れを可能にする職業です。

3つ目は、フリーランスに動き回れることです。ピアノ講師として独立した場合、自分の生活リズムに合わせてスケジュールを組むことができます。また、料金などのシステムなどもご自身の考えに基づいて決められます。

4つ目は、生徒に慕われることです。生徒にピアノを教える立場である以上、先生と慕われ、尊敬されます。

5つ目は、ご自身の能力と教室の評価が比例することです。ピアノの技術力や人への指導力が高ければ高いほど、教室の評価が上がり、最終的に売り上げにつながります。売り上げによって評価が数字化され、良し悪しが目に見えて分かります。

以上5つがピアノ講師になるメリットです。先ほどお伝えしたように、ピアノ講師になる際に必要な学歴や職歴、資格などはありません。ピアノを弾ける技術とピアノに対する情熱と強い意志をお持ちであれば、大半の方がなれる職業です。ピアノ講師になりたいとお考えの方は上記のメリットを参考にしてみてください。

▲ ページトップへ