東京でピアノ講師になるポイント
2017.05.23

ピアノを弾いているピアノを弾ける方の中には、ピアノを活かせる職業に就きたいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。特にピアノ講師は、学歴や職歴などは関係なく、人にピアノの魅力を伝えることができるため、人気の職業です。しかしながら、「ピアノ講師になるためには、どうしたらいいのかな?」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、東京都におけるピアノ講師になるポイントをご紹介していきたいと思います。

結論からお話しすると、東京都でピアノ講師になるには、立地条件、ピアノの腕前、経歴、指導力、営業力がポイントです。下記にて詳しくお話ししていきます。

はじめに、立地条件からお話しします。ピアノ教室に通う生徒やその親からよく耳にするのは、「自宅から通いやすい教室がよい」、「駅から徒歩圏内がよい」といった声です。ご自宅で開業する、もしくは大手教室に勤めることを念頭に置いている方は、立地条件がよいところを選ぶとよいですよ。

次に、ピアノの腕前。こちらはいわずもがなですね。教室に通う生徒の中には、音大に行きたい方やピアニストになりたい方など、高いレベルを目指している方がいらっしゃいます。そういった生徒のニーズに応えるために、ピアノの腕前は高ければ高い方がよいです。ロマン派やランス近代と呼ばれている作品が弾ければなおよいです。

続いては、経歴。有名な音大を卒業していたり、ピアノコンクールに入賞していたりすると、先生としての価値がグッと上がります。生徒の中には、先生の経歴を重視して教室を選ぶ方がいらっしゃいます。

次に、指導力。先ほどお伝えしたピアノの腕前と同様に、ピアノ講師において指導力は必須スキルです。生徒1人1人に合った方法で指導できる指導力を身につけた方がよいでしょう。

最後に、営業力。東京都にはたくさんのピアノ教室が軒を連ねています。その中で生徒数を獲得していくには、営業力が必要です。ピアノ講師の知名度は、主に口コミで上がるといわれています。ピアノ講師としての実力ももちろん大切ですが、ピアノ講師の知名度を上げるためにあらゆるアイディアを駆使するなどの営業力も重要です。

以上が東京都におけるピアノ講師になるポイントです。東京都にはピアノ講師がたくさんいらっしゃいます。上記5つのポイントを参考にしていただければ、数あるピアノ講師の中で開花できることでしょう。

また、筆者の独自調査によると、2017年5月現在、東京都では100件以上のピアノ教室がピアノ講師を募集しています。上記5つのポイントの他に求人もチェックしてみると、ピアノ講師への道が短くなることでしょう。

▲ ページトップへ